横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

皮膚科・アレルギー科

皮脂欠乏症(乾皮症)

皮膚の脂が減ることで皮膚の水分量が減り、乾燥を生じることを指します。

空気が乾燥し始める秋から冬に発症することが多く、中高年の下腿や腰背部によくみられます。

 

最初は自覚症状のない乾燥と角質のはがれですが、次第にかゆみを伴うようになり、ひび割れや赤みも生じてきます(皮脂欠乏性湿疹)。

治療について

まめに保湿剤を外用することと、炎症を起こしているところにはステロイド外用剤を用います。
保湿は入浴直後が一番効果的です。体を拭いたら間髪入れず保湿剤を外用しましょう。

注意事項

症状を悪化させないためには日頃のスキンケアが大事です。

 

お風呂に長く入りすぎたり、ナイロンタオルなどを使ってゴシゴシ洗わないようにしましょう。洗浄力の強い石けんも要注意です。

 

また、なるべく皮膚をかかないようにしましょう。

ページトップ