横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

皮膚科・アレルギー科

いぼ(ウイルス性疣贅)

いぼ(ウイルス性疣贅)は、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスの感染症で、主に手・足の指や足の裏にできます。

 

はじめは肌色の小さく盛り上がった皮疹ですが、大きくなると表面が少しザラザラとしたドーム状の盛り上がりとなります(足の裏は踏みつけるためにあまり盛り上がらないことが多い)。さらに時間がたつと増数し、体のあちこちにうつっていきます。

 

いぼは特に予防法はありませんが、皮膚の目に見えない小さな傷口から侵入しますので、皮膚を常に清潔に保つようにしましょう。

 

いぼの治療は早いに越したことはありません。

時間が経つにつれて大きくなったり、周囲や他の部位に手指などを介してうつっていきますので、1個見つけたら決していじったりせず、早めに治療を受けてください。

治療について

おもに液体窒素凍結療法が行われます。

液体窒素を含んだ綿棒をいぼにあてる方法で、痛みはありますが、比較的安全で、最も一般的な治療です。

 

治療によって一見いぼがとれたように見えても再発することがありますので、必ず最後まで通院して取れているのを確認させてください。

注意事項

いぼをウオノメやタコと思って気がつかないことがありますが、子供の場合はウオノメやタコはまず出来ませんのでかならず皮膚科専門医にご相談下さい。

ページトップ