横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

皮膚科・アレルギー科

巻き爪・刺し爪

刺し爪(陥入爪)は爪の角がトゲのように皮膚に刺さった状態です。
巻き爪(弯曲爪)は爪が横方向に巻いている状態で、原因は深爪が一番多いのですが、合わない靴の使用で起こる場合も少なくありません。

治療について

まず爪を伸ばすことです。痛いからつい深爪をしてしまいがちですが、それは一時的に症状を改善しても、その後は悪化の一途です。

 

ただし、爪の角が肉に食い込んだままでは炎症あるいは感染を引き起こしますので、その場合は爪の角の下にコットンを詰めてみてください。尖ったピンセットで米粒ぐらいのコットンを詰めます。

最初は痛いのですが、毎日詰めると肉が押されて伸びた爪の角が食い込まなくなります。

 

巻きが強い方には爪矯正がお勧めです。

爪の先端に穴を2カ所開けて特殊合金で出来た超弾性ワイヤーを装着し、1-2ヶ月爪を伸ばすと爪の先がまっすぐに矯正され、治療を繰り返すことによって爪全体が矯正されてきます。

ただし爪が厚すぎる方、あるいは逆に薄い方には向かないこともあります。

 

さらに重症の方は局所麻酔をして爪の幅を狭くする手術を行いますが、フェノール法は従来の方法よりも腫れが少なく、日常生活への影響も少ないです。

ただし、一旦症状が改善されても靴や運動が関係している場合は再発しがちですので、見直しが必要です。

 

刺し爪・巻き爪の治療は進化しており、以前より生活への影響が少なくなっています。

ページトップ