横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

皮膚科・アレルギー科

多汗症

汗が通常よりも多いことを多汗症といいますが、これには全身性と局所性のものがあります。

 

全身性の場合は甲状腺機能亢進などの基礎疾患がある場合もありますが、局所性はほとんどが温熱刺激や精神的緊張によってわきの下や手足などに限って汗の量が増えている状態です。

治療について

わきの下の多汗症の場合、治療法は10-20%塩化アルミニウム水溶液などの塗り薬、安定剤などの飲み薬、脂肪吸引による汗腺除去、交感神経節切断術、ボツリヌス菌毒素(ボトックス)の注射などがあり、症状の軽い方は塗り薬や飲み薬が有効ですが、それで効果が不十分である場合はボツリヌス菌毒素の注射をお勧めします。

 

食中毒で聞かれる名前なので、恐い薬のような印象を与えますが、全身の副作用が起こるとされる量の数百分の1で効果が出るので、注射時の痛み以外には副作用がほとんどありませんし、生活上の制約も全くありません。

 

効果は他の治療に比べて最も強力です。
効果の持続は3〜6ヶ月ですが、繰り返しの施術は可能です。

 

長期間の効果を求める方は、脂肪吸引による汗腺除去や交感神経節切断術となりますが、費用が高額で副作用が強い割に効果が不十分なこともあるので、治療の選択は慎重に行う必要があります。

 

各治療法のメリット、デメリットを理解して自分にあった治療を受けられることをお勧めします。

 

※院長は2001年に「ボツリヌス毒素による腋窩多汗症の治療」について日本で初めて論文発表しました。

ページトップ