横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

皮膚科・アレルギー科

にきび(ざ瘡)

にきびは主に若い人の顔面、胸部、背部に多発する紅色あるいは皮膚色の丘疹で、分泌された皮脂と脱落した角質が毛穴を詰まらせて起こります。

 

にきびが発症するには、まず皮脂腺の分泌の活性化があり、これにはホルモンバランスの異常が大きく影響しています。

 

ストレス、睡眠の乱れがあると、皮脂の分泌に影響するアンドロゲン(男性ホルモン)の分泌が増えます。女性の生理前の悪化にはプロゲステロン(黄体ホルモン)が関連します。また、食事(脂っこいもの・辛いもの)や便秘も皮脂の分泌亢進に関わります。

 

もう1つは、毛穴部分の角化や汚れなどの詰まりです。過剰に分泌した皮脂から作られる遊離脂肪酸の刺激や、化粧、紫外線、乾燥などが原因となります。

治療について

アダパレンの外用、抗生物質または漢方薬、ビタミンBの内服処方、面皰圧出を行います。

 

それで改善が乏しい場合は光線療法のIsolaz(アイソレーズ)ケミカルピーリングを行っております。

とくにIsolaz(アイソレーズ)は、赤みが強い炎症性のニキビの改善が早く、新しいにきびが出来るのを抑える効果があります。

注意事項

にきびが出来たら、まず生活習慣について見直しましょう。

ホルモンバランスの乱れやストレス、バランスの悪い食生活による皮脂の分泌亢進、不適切な化粧法や肌の乾燥など、にきびを悪化させる要因は様々です。

 

洗顔は余分な皮脂と汚れを落とすようにぬるま湯で時間をかけて丁寧に(ゴシゴシではない)行ってください。

また、夜遅く帰宅して化粧も落とさずに寝たりせず、必ず化粧を落としてください。

 

さらに、適切な石けんを選び、にきびをいじらないようにする、食生活を見直す、便秘を防ぐ、睡眠をきちんととる、化粧品を選び直すなどのことも考えてみましょう。

 

生活習慣を見直すだけでもよくなることが少なくありません。

ページトップ