横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

皮膚科・アレルギー科

皮膚科と皮膚に関連するアレルギー科の診療を行っております。
皮膚科では外用剤を用いた治療を行うことが多いです。外用方法についてはスタッフが手順を示しながら説明を行います。各処置については治療への理解を高めるため、パンフレットをお渡ししますので、ご自宅でお読みになってください。

疾患名から探す

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う発疹(湿疹)が慢性的に出没を繰り返す皮膚病です。 子どもによく見られる疾患ですが、成人の方にもよく見られます。   アトピー性皮膚炎の患者さ...

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹とは、蚊に刺されたような、あるいは地図状に盛り上がったかゆい発疹が出る病気です。 数時間あるいは1日以内に消褪しますが出没を繰り返すことが多いです。   通常は1〜2...

水虫(足白癬・爪白癬)

水虫(みずむし)は白癬菌というカビの種類の感染症です。かゆいと思われがちですが、かゆくないことも少なくありません。   うつりやすい場所はプール、公共浴場、家庭内などですが、とく...

いぼ(ウイルス性疣贅)

いぼ(ウイルス性疣贅)は、ヒト乳頭腫ウイルスというウイルスの感染症で、主に手・足の指や足の裏にできます。   はじめは肌色の小さく盛り上がった皮疹ですが、大きくなると表面が少しザ...

顔・首のいぼ(老人性疣贅・アクロコルドン)

顔のいぼは尋常性疣贅のほか,青年性扁平疣贅や老人性疣贅(脂漏性角化症)がよくみられます。   前二者はウイルス性、後者は老化によるものです。 首のいぼ{軟性線維腫(アクロコ...

水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼの正式名称は、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、軟属腫ウイルスの感染症です。 低年齢の子どもに見られ、痒みを伴うことが少なくありません。   とくに乾燥...

とびひ(伝染性膿痂疹)

「とびひ」の正しい病名は伝染性膿痂疹(のうかしん)といい、黄色ブドウ球菌(まれに連鎖球菌など)でおこる皮膚の感染症です。   患部からジクジクした汁(浸出液)が出て他の部位や他人...

多汗症

汗が通常よりも多いことを多汗症といいますが、これには全身性と局所性のものがあります。   全身性の場合は甲状腺機能亢進などの基礎疾患がある場合もありますが、局所性はほとんどが温熱...

巻き爪・刺し爪

刺し爪(陥入爪)は爪の角がトゲのように皮膚に刺さった状態です。 巻き爪(弯曲爪)は爪が横方向に巻いている状態で、原因は深爪が一番多いのですが、合わない靴の使用で起こる場合も少なくありません。...

ほくろ

「ほくろ」のほとんどは良性のものですが、いちばん恐いのは悪性黒色腫と呼ばれる「ほくろの癌」です。 これは早期診断、治療が非常に大事ですので悪性黒色腫の簡単な見分け方を知っておくとよいでしょう。 ...

にきび(ざ瘡)

にきびは主に若い人の顔面、胸部、背部に多発する紅色あるいは皮膚色の丘疹で、分泌された皮脂と脱落した角質が毛穴を詰まらせて起こります。   にきびが発症するには、まず皮脂腺の分泌の...

乾癬

乾癬(かんせん)とは、乾燥した白い垢が厚く付着し、境界鮮明な赤い斑点が皮膚に出来る病気で、垢がぼろぼろとはがれ落ちるのが特徴的です。   乾癬はウイルスや細菌、かびなどの感染症で...

皮脂欠乏症(乾皮症)

皮膚の脂が減ることで皮膚の水分量が減り、乾燥を生じることを指します。 空気が乾燥し始める秋から冬に発症することが多く、中高年の下腿や腰背部によくみられます。   最初は自覚...

金属アレルギー

金属アレルギーによる皮膚(粘膜)病変には、金属が接触して起こる接触皮膚炎(かぶれ)と直接接触しないところに病変をつくるものとがあります。   金属かぶれのうち、一番よく見られるの...

あせも(汗疹)

あせも(汗疹)は、汗をかいたときに汗の腺がつまって出現します。   子供のあせもは新陳代謝が活発で汗をかきやすいことと汗を出す能力が不十分なことが原因で起こります。 皮膚と...

男性型脱毛症(AGA)

額部あるいは頭頂部から髪の毛が薄くなっていく、いわゆる男性型脱毛症(AGA)の発症には、男性ホルモンが大きく作用していることはよく知られています。   男性ホルモンのうち、おもに...