横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

美容皮膚科

エラ張り(小顔になりたい)

顔のエラ張りの原因が咬筋(物を咬む時に使う筋肉)の発達によるものである場合は、ボトックスが小顔形成に非常に効果的です。

治療について

アゴ周辺の咬筋にボトックスを数カ所注入するだけです。

 

ボトックスは筋肉への神経伝達を遮断することで筋肉の動きを抑える薬剤で、咬筋に注射するとその運動が抑制され、結果的に咬筋が細くなってくるという原理です。

 

効果は半年ぐらいですが、効果を持続したい場合は3ヶ月に1回の注入を合計3回程度行うと再び筋肉が盛り上がってくることは少ないようです。

注意事項

通常の食事には影響しませんし、特別な副作用はありませんが、硬いものを食べる時やガムを噛み続けると力が入りにくいかもしれません。

 

咬む力の低下は施術後3日前後で現れますが、筋肉が実際に細くなってくるまでには1ヶ月前後はかかります。

ページトップ

  • あおば皮ふ科院長ブログ
  • あおば皮ふ科スタッフブログ