横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

美容皮膚科

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス(両側性遅発性太田母斑様色素斑とも言います)は、20歳前後から両頬上部に小さな茶色の色素斑が増えてくる「あざ」の一種です。

 

両頬に出来るため、肝斑やそばかすと間違えられることもあります。しかし、肝斑が合併していない限り、肝斑の治療をしても改善することはありません。

治療について

レーザー照射が基本です。

 

ただし、ほぼ1回のレーザー治療で改善する老人性色素斑と違い、レーザーを繰り返し照射する必要があり、3ヶ月ごとに4〜5回照射すればかなり改善します。

 

40歳を過ぎると肝斑が合併して治療が複雑になります。

肝斑はレーザー照射で悪化することが多いため、肝斑治療を優先し、肝斑がきれいになってからレーザー照射を開始することをおすすめしています。

ページトップ

  • あおば皮ふ科院長ブログ
  • あおば皮ふ科スタッフブログ