横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

美容皮膚科

しみ(老人性色素斑・日光黒子)

老人性色素斑(日光黒子、エイジングスポット)は、長年紫外線に当たったことによる「光老化」が原因です。早い方では20歳代で出る方もいます。

 

顔中どこにでも全く不規則な大きさ、形でばらばらに出るのが特徴的です。

治療について

ほとんどの老人性色素斑はレーザー治療でとることができます。
当院では最新式のYAGレーザーで治療を行っております。

 

レーザー治療後は1週間程度軟膏を塗布し、茶色のテープで傷を覆います。

約1週間でかさぶたがとれるので、その後美白剤(レチノイン酸・ハイドロキノン製剤)を塗布していただきます。

 

なお、施術後もお化粧はできます。

注意事項

肝斑と老人性色素斑は実際には混在していることが少なくありません。
この場合は肝斑の治療をしてから老人性色素斑に対してレーザーを当てます。老人性色素斑が肝斑と混在していれば、レーザーが無効だからです。

 

いずれにしても、ほとんどの色素沈着は薄くすることが出来ますのでご相談ください。

ページトップ

  • あおば皮ふ科院長ブログ
  • あおば皮ふ科スタッフブログ