横浜市青葉区の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科・形成外科はあおば皮ふ科

045-905-1666

お問い合わせ

美容皮膚科

しみ(肝斑)

肝斑(かんぱん)は、顔面などとくに両頬に左右対称にできることが多いしみで、40歳前後で発症することが多いです。

 

基本的に通常のレーザー治療は禁忌ですが、レーザートーニングという新しい治療法も出ています。

治療について

症状が軽い方は美白外用剤(レチノイン酸・ハイドロキノンクリームなど)・ビタミンC・トラネキサム酸内服療法を行います。

 

症状が進行している方・徹底的に治したい方には、美白外用剤(レチノイン酸・ハイドロキノンクリームなど)・ビタミンC・トラネキサム酸内服療法に加えて、イオン導入を3ヶ月程度行います。

 

順調に改善すれば治療間隔を空けて継続しますが、改善が乏しければレーザートーニングへ変更いたします。

ページトップ

  • あおば皮ふ科院長ブログ
  • あおば皮ふ科スタッフブログ